会社案内

HOME | 会社案内

Philosophy

企業理念

代表取締役社長 田城裕司

株式会社タシロは「価値創造」と「価値発信」で社会に認められる企業を目指します。

1966年の創業以来、私ども株式会社タシロではレーザー加工、マシニングセンタ及びワイヤー加工などの複合加工を得意とし幅広い事業分野でサービスを展開しております。
「お客様にとって便利な会社でありたい」と作業環境の最適化、地域との共存に取り組み、短納期・低コストのサービス向上に努めています。
Open Factory 風通しの良い会社を目指し、2007年にはv-Factoryを導入し「速さ」「魅せる工場」を実現。
お客様に対する「見せる化」を実現し、より時間効率、作業効率をアップし、お客様のニーズに応えます。 これからも若く情熱を持った社員が誇れる「価値発信」企業であり続けるため努力してまいります。

代表取締役社長 田城 裕司

会社概要

社名

株式会社タシロ

所在地

〒259-1216 神奈川県平塚市入野284-1

TEL/FAX

TEL: 0463-31-7118 FAX: 0463-35-0170

創業

1966年(昭和41年)4月

役員

代表取締役社長

田城 裕司

取締役

田城 功揮

監査役

富田 明美

従業員数

20名

敷地・建物

敷地面積 2251平方メートル

建物面積 1200平方メートル

取引銀行

神奈川銀行  高村支店

三菱UFJ銀行  平塚支店

中南信用金庫 旭支店

業務概要

精密板金加工

レーザー加工(板厚0.2t~35t)

溶接加工 (アルゴン溶接・CO2溶接)

曲げ加工、スポット溶接

ハイスピンカシメ

精密機械加工

マシニング加工

ワイヤーカット放電加工

製造実績

桟橋の浮桟橋の骨組み(15m×4m)
食品用計量ホッパー
食品用トラフ
歯科治療用椅子の基盤
飲料用のボトリング装置の基盤
化粧品(シャンプー、リンス等)の充填機の基盤
工場、プラント向けの部品
切粉圧縮機の基盤
船舶用熱交換器の関連部品
立体駐車装置関連部品
真空ポンプ関連部品
カップ麺製造プラントの関連部品
自動車、オートバイのレース用部品
建設機械、重機の部品
ペットボトル等の成形機の部品
FPD,PV製造装置の部品
有機EL製造装置の部品
半導体製造装置の部品
産業用搬送装置部品。フレーム
航空部品
新幹線の床板(アルミハニカム)

会社沿革

昭和41年

自動車販売および修理業として創業

昭和43年

自動車部品のスポット溶接とプレス加工を 開始

昭和46年

法人設立。 (有) 田城商会(資本金200万円)

昭和62年

資本金300万円に増資。

平成3年

工場増築に伴い精密板金加工を開始。

レーザー加工機を導入

平成8年

精密機械加工開始。

マシニングセンター,ワイヤーカット導入

平成9年

資本金1000万円に増資

株式会社タシロに改称

2kwレーザー導入

平成10年

株式会社タシロに改称

2kwレーザー導入

平成12年

経営革新企業認定取得

3kwレーザーFO3015導入

平成13年

100tベンダー増設

平成14年

平面バリ取り機導入

平成15年

工場増設

平成16年

ISO9001認証取得

レーザー加工機FO4020 6Kw導入

資本金2000万円に増資

平成18年

神奈川県優良工場表彰を受賞

6Kwレーザ加工機に自動材料供給棚を設置

平成19年

工場の「見える化」のためにVPSSを導入

平成20年

LC-2012C1NT工程統合ビルトインマシン導入

平成23年

NCベンダー HDS-1303NT導入

平成24年

かながわ中小企業モデル工場の指定を受ける

平成30年

9kw ファイバーレーザー ENSIS 4020 AJ導入

令和元年

「神奈川がんばる企業エース」2019認定

Basic Policy

基本方針

デミング賞のデミング氏

デミング賞のデミング氏

Quality Policy

品質方針

株式会社 タシロ 品質方針  いちばんをめざして
顧客満足度追求宣言

1.顧客要求の品質を達成するため「徹底管理」します。
2.顧客の要望にお答するため「敏速対応」し、「24時間納入体制」を築きます。
3.どこにも負けないコストを実現するため「安価」に挑戦します。
4.製品含有化学物質管理方針として
環境に配慮した企業をめざし、「環境に配慮した製品」の生産、供給を通じて、人と自然が共存できる豊かな社会づくりに貢献します。
 

これらを実現するために

1.要求事項への適合及び品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善します。
2.全社品質目標を設定し、各部署品質目標の設定と達成のために組織を指揮し監督します。
3.全社員の協力と理解を得えて、方針を達成するためにこれを掲示し、朝礼などで発表します。
4.必要に応じ利害関係者が入手出来るようにします。
5.マネジメントレビューの機会を捉え、顧客満足度の変化に合わせて、方針を見直します。
6.製品に含まれる有害物質の削減に取り組み、人と環境にやさしい製品を提供します。
7.製品含有化学物質に係る国内、国外の法規制を遵守します。

Tashiro Standard

規格

ISO 9001  JQA-QMA14677

ISO STANDARD